プロが教える耳より情報

今、人気のソファと言えば、やっぱりカウチソファですね!

カウチソファはリビングのソファとして人気のあるソファになり、サイズも大きな種類のソファになります。一般的にはL字形状のソファになります。何より使い方に特徴がある

pro201607238.jpg

ソファです。

 

カウチとは、couch 寝椅子の意味があり、「寝られる長椅子」と言った感じでしょうか、アメリカではソファの事をカウチと呼ぶ事もあり、和製英語と言えます。

カウチソファとは、その意味にあるように、寝る姿勢をとる事も出来る、ゆったりくつろげるソファになります。

 

カウチソファには、カウチの部分に向きがあり、一般的には

○   ソファに向かって右にカウチ部分があれば右カウチ

○   ソファに向かって左にカウチ部分があれば左カウチ

となります。しかし店舗によっては座って右にあれば右カウチとする場合もあるので、ご注意ください。

 

カウチソファのカウチ部分にはセパレートタイプと一体化されているタイプがあります。

セパレートタイプでは、カウチ部分だけを離したり付けたりすることも出来るので、足を伸ばしたり、友人が来た時などにはスツールとして単体で使う事も出来ます。

一体化しているタイプでは、設置のお部屋のどこに置くのかを考え、カウチ部分の向きを決めておく必要があります。一体化のタイプでは、カウチの向きが変更出来ないため注意が必要です。

セパレートタイプでは、座面のクッションの配置を変更することで、カウチ部分の向きを変更できるタイプもあり、最近の主流になりつつあります。

 

カウチソファは他のソファと比べても、足を伸ばしてくつろいだり、寝転がったり、体勢をいろいろと変えられるという所が特徴です。

一人の時は寝転がりながら本を読んだり、スマホやタブレットを触る、眠くなったら仮眠を取るなどゆったりソファを使用できます。

二人の時でも一緒に足を伸ばして映画を観るなど、ソファの上で長く過ごせるソファです。

 

二人暮らしでゆったりソファでくつろぎたい方にはピッタリのソファと言えます。しかしカウチソファを選ぶのであればできる限り大きめのお部屋のほうがゆったりできます。

極端に大きいソファではなく、2人でのご利用をお考えであれば、3人掛けサイズのカウチソファを選んでいただければ、よりくつろげるかと思います。

バックナンバー